仕事でパニック障害?仕事を辞めるべき?退職前に考えること。転職準備

パニック障害転職

仕事でパニック障害に発症した人に対して、

・仕事を継続する場合の対象方法

・仕事を退社する場合の次の行動/準備

について、医師の意見、実際にかかった友人の声を参考にまとめています。

パニック障害とは?特徴は?

「パニック症」は「不安症」の分類の一つです。

三大症状として、

突然理由もなしに強い不安と共に動悸や発汗、手足の震えといった症状が起きる「パニック発作」

またパニック発作が起こるのではないかと恐れる「予期不安」

発作が起こりそうな場所や状況を避ける「回避行動」があります。

うつ症状を併発する場合もあり、外出や仕事など日常生活に支障をきたします。

死にそうな苦痛を感じ救急車で搬送されることも多いが、パニック発作で死亡することはありません。

医師のコメントをそのまま抜粋 https://doctorsfile.jp/medication/264/

仕事が原因で、初めてパニック障害が発症した人

仕事が原因でパニック障害になった人の事例を見ると、

・長時間残業

・極度のプレッシャー

・いじめ

・上司からのパワハラ

・セクハラ

このような環境下で働いていることがほとんどです。

そしてパニック障害が発症した場合、その重症度によって、下記の2つの選択をする必要があります。

1、今の仕事を続ける。

2、今の仕事を退社する。

では、それぞれ見ていきましょう。


パニック障害に発症しても、今の仕事を続けたい人


パニック障害転職しよう

まず、最初に「今の仕事を続けたい理由」を明確にしましょう。

その理由が「収入」「経験」など、他の会社で得られるものであれば、今の会社に固執する必要はありません。

なぜなら、今の時代は実は超ホワイト企業がたくさん存在しており、比較的簡単に転職ができてしまうからです。

その上で、今の会社で仕事を続けたいのであれば、パニック障害との付き合い方を考える必要があります。

取るべき行動は、

・専門医に相談する
→やはり、たくさんの事例を見てきた専門医の意見を聞くことが、改善への近道です。

・社内で移動させてもらう
→環境を変えるだけで、パニック障害が発症しなくなるケースもよくあります。
特に、発症した理由が人間関係や仕事のプレッシャーだった場合、別の環境に移動するだけで改善することがあります。

・一時休暇をもらう
→頭と心を整理するために、中長期的な休暇をもらいましょう。
そうすることで頭と心がフレッシュになり、自分を俯瞰してみることで、改善することがあります。

これらの行動をすることになります。

だだ、本当に今の会社に残るべきなのか、もう一度柔軟に考えてみましょう。


今の会社を退社したい人は転職活動を始めよう


前述しましたが、今の職場環境がパニック障害を発症させているのであれば、環境を変えることをお勧めします。

なぜなら、環境を変えるだけで、簡単に解決することがしばしば起こるからです。

▪️辛いけど、まだ少し精神的な余裕がある方

余裕があるのであれば、今の会社で働きながら転職活動を始めてみてください。

案外、残業なしでゆるいホワイト企業がたくさん見つかります。

 

おすすめの転職サイト

doda海外駐在員転職エージェント

「doda」は、日本最大級の総合転職サイトであり、多くの求人を保有しています。

転職活動のスタートとして、まずこちらに登録しておきましょう。

サイトはこちらから→「doda」

▪️究極的に追い込まれている方

一方で、もうすでに究極的に追い込まれているのであれば、すぐに退社しましょう。

そして落ち着いてきた頃に、新しい仕事を探しましょう。

あなたは、人生を楽しむための手段として仕事をしているだけなのです。仕事によって人生を狂わされるのは本末転倒です。

すぐに今の仕事を辞めて、新しい仕事を探しましょう。

幸運にも、近年、仕事は比較的見つかりやすくなっています。

なぜなら、

・高齢化と少子化により、今後も働き手がどんどん減っていき、人が足りない

・ブラック企業は淘汰されてきている

・女性の社会活躍を促進するフェミニスト活動が盛んになっている

これらより、年齢、性別、スキル問わず、仕事を見つけることが簡単になっています。

これからは、会社があなたを選ぶ時代ではなく、あなたが会社を選ぶ時代なのです。

無理せず、仕事をまず辞めて、落ち着いたら転職活動をしましょう。

おすすめの転職サイトはこちらから→「doda」

昔から持病としてパニック障害を持っていた人

昔から持病としてパニック障害をもっていた人は、パニック障害になりやすい性格の可能性があります。

性格の特徴

・緊張しやすい

・物事に対して、超真面目

・責任感が強い

・完璧主義

・非常に神経質

・他人の評価を気にしすぎる

このようなタイプの方は、職場環境を変えても、今後もパニック障害を発症する可能性が有ります。

そのため、パニック障害と上手な付き合い方を事前に把握しておきましょう。

まずはじめにやるべきことは、パニック障害が発症する原因の分析です。

なぜなら、原因を正しく把握して、その状況を回避すれば、多くの発作は避けられるからです。

ステップ1 今までパニック障害が起きた、状況、自分の状態を全て書き出す
→例)仕事を失敗して、上司から怒鳴られた時、短納期の仕事が大量に依頼されて、どうしても間に合わない時など

ステップ2 その中から共通項を見つける。
→例)プレッシャーがかかるとパニック障害が起こる、上司が関わるとパニック障害が起こるなど

ステップ3 同じ状況になった時に、必ず取るルーティーンを事前に決めておく
→例)深呼吸を2回繰り返す、愛犬の動画を見るなど

これらの事前準備により、多くの発作を避けながら、仕事を進めることができます。

何度も言いますが、これらのステップを取りつつ、しっかりと専門医の意見を聞きましょう。

ツイッターはこちらから→ショーン(Twitter)

返信を残す