在職中に転職活動はバレる?【バレないための6つの方法とは】

転職活動バレる、ばれない方法は

こんにちは ショーン(Twitter)です。

在職中に、転職活動をしていることがバレると、活動が進めにくくなります。

そのために、バレるリスクを最小限にしておくことが、転職活動をスムーズに進めるためにも非常に重要です。

こちらの記事では、

・転職活動がバレたケース

・バレた時のリスク

・バレた場合の対処方法

・バレないようにするための6つの工夫

について、ご説明しています。

本格的に転職活動を始める前に、バレないような工夫を理解しておくことで、スムーズに転職活動ができますよ

転職活動がバレるケースとは

バレたケースをたくさん見てきましたが、無意識的に自分から情報を発信しているパターンがほとんどです。

・普段と行動が違う

・仲の良い同僚や先輩に話してしまう

・実名SNSに転職活動について、書き込む

・転職サイトからバレる

・ウェブ広告からバレる

基本的にはこれらのケースに集約されます。

では、一つずつ見ていきましょう。


普段と行動が違う


転職活動を始めると、どうしても在職企業で「普段と違う行動」をしてしまいます。


服装や容姿などの外見が変わる


普段スーツを着なかったり、ネクタイをしない会社で働いている場合、突然スーツを着たり、ネクタイをすると、周囲が違和感を感じてしまいます。

また、普段とメイクが違ったり、髪の毛の整え方が違うだけでも、何かしら違和感を感じ取られてしまいます。

この種類の違和感を感じた人間は、その理由が知りたくなり、あなたのことを良く観察するようになります。

そして、転職活動をしているとバレてしまいます。


退社時間が早くなる


退社時間が普段より早くなると、周囲が転職活動を疑い始めます。

1、2回であれば問題ないのですが、たくさんの企業と面接すると、回数は数十回になります。

回数が増えると、疑いが確信になり、転職活動しているとバレてしまいます。


やる気が突然なくなる


転職活動を始めると、突然やる気をなくす方が結構います。

そのつもりはなくても、「転職活動によるやる気の低下」は滲み出てしまうのです。

そして、言葉の直接転職の話をしなくても、言葉の節々から転職を考えていることが伝わり、バレてしまいます。


有給を使う頻度が増える


転職活動をすると、有給を使う頻度が増えたり、突然有給を申請して使うことも増えてしまいます。

特に、特定の有給の使い方しかしない方が、普段と違う有給の使い方をするだけで、様々な疑いをかけられます。

そして、回数が増えるにつれ疑いが増し、最終的に転職活動しているとバレてしまいます。


同僚や先輩から漏れる


仲のよい同僚や先輩に転職活動していることを話すと、気づかないうちに広まってバレてしまいます。

よくあるのは、同僚に話すと、その同僚が別の同僚に話し、芋づる式に拡散されていくパターンです。


実名SNSからバレる


近年、増えてきているのが実名SNSからバレるケースです。

・知らないうちに会社に知られていたアカウントで「転職活動を始めます!」と堂々と宣言してバレる

・転職関連の発信が増えて、同僚や先輩に感づかれてバレる

・友人がSNSにあなたが転職活動について発信し、バレる

SNSを介した様々なバレるケースがあります。


転職サイトからバレる


転職サイトに登録し、在籍企業をブロックせずに放置しておくと、あなたを見つけられて、バレていまう可能性があります。

転職サイトには、スカウト機能があります

こちらから求人に応募しなくても、企業側から検索をかけてマッチしそうな転職希望者を見つけることができるのです。


ウェブ広告からバレる


会社のパソコンで転職について検索していると、自動的に転職関連の広告が表示されることがあります。

そして、あなたのパソコンを見られてしまった時に、その広告から転職活動をしているとバレてしまいます。

バレた時のリスクは?

転職活動バレる

転職活動をしていることがバレると、転職活動により大きな悪影響を与えます。


人間関係が悪化する


人間の性質として、コミュニティから抜け出す人を冷遇することは良くあります。

転職活動は、今の会社から抜け出す活動のため、残っている方に良い印象を与えません。

特に、長く働いている方からの印象は最悪で、人間関係に影響を及ぼします。


昇進・昇格に影響する


転職活動をはじめても、実際に転職する人は5割程度と言われています。

つまり二人に一人は最終的に残ることを選択するのです。

しかし、一時的に転職活動をしていたことがバレると、いつか辞めるのでは?という目で見られてしまうこともあります。

結果的に、重要なポジションを与えられず、昇進や昇格に影響を及ぼします。


仕事の割り振りが変わる


転職活動をしていることがバレると、仕事の割り振りが変わる場合があります。

▪️転職させたくない人への対応

・意図的に仕事量を増やし、転職活動に時間を使うことを制限する

・やりたい仕事や、やりがいのある仕事を振り分け、モチベーションを高めるパターン

こちらの対応は、転職活動に時間を割くことが難しくなり、転職活動が滞せる狙いがあったり、在職企業に楽しい仕事を再発見させ、転職を留まらせる方法として用いられます。

▪️転職させてもいい人への対応

もう一つは、重要な仕事の割り振りを一切やめ、社内で干される状態にされるバターンです。

こちらの場合は、人間関係が悪化してしまうデメリットがあります

コラム-

バレて得られたメリットは?
(実際の事例をご紹介)

稀なケースですが、バレたことを開き直ってポジティブに考えた転職者も見てきました。

①社内評価が高いAさんの場合

転職活動がバレた結果、上司、人事が不平不満を聞いてくれて、最終的に行きたい部署に移動させてくれた。

社内評価が高い方の場合、上司、人事からリテンションプラン(転職を辞めさせるための計画)を提示される場合もあります。

②社内評価が低いBさんの場合

転職活動がバレた結果、もう仕事の割り振りが極端に減り、転職活動への時間を確保できました。

《まとめ》
このように、例外的に「バレたことによって得たメリット」もありますが、基本的に転職活動がバレると悪影響を及ぼすと理解しておきましょう。

転職活動がバレた場合の対処方法は

転職活動のリスク

もし転職活動をしていることがバレた場合、下記のように対応することをお勧めします。

①理解のある上司/人事の場合:素直に認める

②理解のない上司/人事の場合:嘘をつく


理解のある上司/人事の場合:素直に認める


素直に認めることで、転職活動を支援してくれる場合があります。

この場合は、この会社が好きであり、上司のことも好きだけど、自分のキャリアアップのために転職をしたいと伝えましょう。


理解のない上司/人事の場合:嘘をつく


基本的に、嘘をつくことはお勧めしません。

しかし、上司都合/会社都合で物事を考え、あなたのことを理解しようとしない上司/人事の場合は、嘘をつきましょう。

この類の人たちは、無理やりでも転職を辞めさせようとします。

なぜなら、部下の転職は自分の評価にマイナスがつくと考えているからです。

まず、なぜバレたのかを把握して、そこから上手く嘘をつきましょう。

バレないようにするための6つの方法

転職活動を始める前に、この6つの方法をしっかり意識しておきましょう。


社内で普段と行動を変えない


正確に言うと、普段と行動を変えないのではなく、変えても違和感がないような状態を作っておくことが重要です。

先ほど記述しましたが、転職活動を始めると、変わってしまうことは、

・服装/容姿などの外見

・退社時間

・仕事へのモチベーション

・有給の頻度

転職活動を始めると、これらに関して全く変えないことは難しいです。

そのため、変えても違和感がない状況を作っておきましょう。

つまり、普段から、

・服装や容姿をフォーマルにしておく

・退社時間をバラバラにしておく

・仕事へのモチベーションを一定に保つ

・有給を積極的に取る

このようなことを意識しておけば、転職活動がバレるリスクを最小限にできます。


転職活動について、同僚や先輩に話さない


どれだけ仲が良い同僚や先輩でも、転職について話すことは辞めましょう。

人間は話したくなる生き物です。悪気もなく、誰かに話してしまいます。

転職活動が全て終わってから、まず一番に話せば、仲の良い同僚から信頼を失うこともありません。


SNSで転職活動に関する発信しない


実名アカウントはもちろん、匿名アカウントでもSNSの発信は辞めておきましょう。

発信しても大きなメリットは得られません。


転職エージェントを活用する


転職エージェントを活用しましょう。

転職サイトと違い、転職エージェントは在籍企業にバレないように細心の注意を払い、転職活動をサポートしてくれます。

例えば、残業を考慮した面接日時の調整などです。

また、書類作成等のサポートもしてくれるため、転職活動に使う時間を削減できます。これにより、転職活動が忙しすぎて、現職の業務へのやる気がなくなることも防ぐことができます。


転職サイトで自社企業をブロックする


転職サイトには、自社企業からのスカウト検索をブロックする機能があります。

転職サイトに登録したら、まず初めにブロック設定をしましょう。


転職活動で自社パソコンを活用しない


自社パソコンで、転職について検索するだけで、転職に関する広告ができてきます。

また社内のパソコンで行った活動は、全てログが取られています。そして、会社側はそれを見る権利があります。

無駄なリスクを取らないためにも、自分のパソコンを使用しましょう。

関連記事

 

SeanのTwitterはこちらから→ ショーン(Twitter)

返信を残す