駐在員の働き方【国別/出向先別の仕事環境・内容】【メーカー社員】

こんにちは。ショーンです。SeanのTwitter

今回の記事では、

「駐在したいと考えている方」
「他業界の駐在員の仕事内容が気になる方」
「メーカー社員勤務の方」

に向けて、メーカー社員の駐在中の仕事環境・内容をまとめました。

はじめに

駐在がしたい」という声をよく聞きますが、駐在先で、あなたは「どのような環境で、どのような仕事をするのか」イメージできていますか。

実は、配属ガチャ同様に、「駐在先もガチャ要素が結構大きい」です。

しかし、入社する会社によっては、そもそも「発展途上国への駐在の可能性がほぼ0」であったり、逆に「新興国への駐在を前提している」ような企業もあります。

そして、駐在国や出向先によって、大きく仕事の内容、役割、難易度が異なり、求められているスキルも大きく異なります

その結果、弊社の駐在員を例に出すと、
駐在してみたら、

「思っていた仕事と違った」
「孤独で毎日辛かった」
「仕事がなくて暇だった」

など仕事内容・環境に対して不満を溜めて、帰任してくる社員もたくさんいました。

この理想と現実のギャップは、企業にとっても個人にとってもマイナスになっています。

海外に滞在でき、待遇も良いため、全体としては満足していても、仕事面のスキルと言う意味ではあまり成長しなかった事例をよく聞くからです。

こちらには、国別、出向先別に「どのような環境でどのような仕事をするのか」をまとめています。

こちらを参考にして、「駐在後の理想と現実のギャップを無くす」「同僚や友人の過酷さを理解する」など、活用して頂ければと思います。

駐在国によって「孤独感」は大きく異なる

 

まずこちらの表を見てください。

 

こちらは、外務省在留邦人数調査統計を参考に、海外駐在者YASUさんが作成した表です。
→海外駐在者YASUさんのツイッターはこちらから https://twitter.com/YASU84679874

一般的に、駐在員の「孤独感」は、

1、駐在国
2、駐在地域
3、出向先

の3つの要素で決まります。

3カ国ほど、例を見てみましょう。

米国

例えば、米国人口1万にあたりの日本人は71.4人と比較的多いです。

しかし、米国はニューヨークなど一部の都市を除いて、基本的に車社会。
さらに、米国内で日本人が分散する傾向があるため、地方に駐在すると孤独を感じることも結構あります。

英国

一方で、英国人口1万にあたりの日本人は61.2人と、米国に比べ少ないです。

しかし、駐在員の大半がロンドンに集約しており、オフィスも東京のように中心地に集約されているため、駐在員間のF2Fコミュニティーが発達しており、あまり孤独感を味わうことはありません。

インド

最後の例として、インド。そもそもインド人の人口が多すぎるという前提はありますが、人口1万にあたりの日本人は0.7人。

インドに駐在すると、結構、孤独感を味わいながら、仕事を進めなればなりません。

このように、駐在国、駐在地域によって、日本人の割合が大きく異なり、メンタル的に辛い「孤独感」を味わうようになります。

そういう人たちは、ツイッター界に生息しているので、ツイッターで「駐在員」と検索してみてば、日々の生々しい活動を見ることができます。

メーカーの出向先は大きく5つ

メーカーには大きく分けて5つの駐在先があります。

  • グローバル統括会社への出向
  • 現地事業会社(販売会社)へ出向
  • 買収・出資会社への出向
  • グローバル営業拠点への出向
  • グローバル生産工場・現地生産工場への出向

 

もちろん、これらは、企業の規模や、組織によって異なります。
例えば、海外売上比率がまだ小さい企業であれば、日本から各国の事業会社、販売会社をマネジメントしやすいため、グローバル統括会社を持つ必要がありません。
また各国に事業会社、販売会社を持っていない企業であれば、グローバル営業拠点を設立し、そこから出張ベースで営業活動を行うこともあります。

 

 

グローバル統括会社への出向

ポイント:グローバル統括会社とは、North America、EMEA、Asiaにある販売会社・事業会社を統括する拠点です。
一般的には、アメリカ、イギリス、シンガポール、香港にあることが多いです。
グローバル統括会社には日本人が多く出向しているため、日本人同士の助け合いもあり、駐在で最もストレスが少ない拠点になります。
仕事内容自体も、日本で行っていた仕事と大きく異なることはなく、英語を使わなくても仕事がなんとかなる場合もあります。
他の出向先に比べて、外国人社員は一番優秀な層が集まっています。
海外売上額が小さく、統括する必要がない企業は、この機能を持ちません。

 

【仕事内容】

基本的に、バックオフィス系、商品系、経営企画系の仕事で駐在しています。

バックオフィス

人事関連業務、また経理・法務のような仕事を担います。企業によっては、経理がグローバル統括会社にぶら下がっている各事業会社の業績管理を実施しているところもあります。業績管理部隊を除くと、実際に駐在している人数はあまり多くありません。

マーケティング(商品)

メーカーの駐在では一番多いと思います。日本で企画した商品の立ち上げ、拡販、商品改善案の作成など、商品周りの仕事を担いますが、営業活動は基本的にしません。

経営企画

グローバル統括会社にぶら下がっている各事業会社の業績管理や、日本本社とグローバル本社間の様々な調整(ボードメンバーのミーティングや、その資料作成など)、戦略の展開などを担います。一般的にエリートと呼ばれるメンバーはこのポジションに付くことが多いです。

 

現地事業会社(販売会社)へ出向

ポイント:メーカーの場合は、商社のように途上国に出向することはほぼなく、売上が比較的高く、治安も良い国に出向することがほとんどです。
しかし、出向先はほとんど現地人で、日本人は1人から数人のような職場環境になります。
現地言語や英語を使わないと仕事は進みませんし、最初の数カ月は非常に孤独感を感じます
CEOやボードメンバーのような高い地位で駐在するパターンと、マネージャーレベルで駐在するパターンがあります。
現地社員自体を巻き込んで、やりきる力が必須です。

 

【仕事内容】

経営企画(なんでも屋)

基本的に、なんでも屋という形で放り込まれることが多いです。自分で課題を見つけたり、前任者の仕事を引き継ぐ形で業務を進めていくため、幅広い業務を行うことになります。またグローバル統括会社がある場合、日本人コネクションを活用して特殊な仕事が落ちてくることが結構あります。加えて、日本の偉い方が出張に来るたびに、様々な調整を行う必要があります。

 

買収・出資会社への出向

ポイント:日本本社やグローバル統括会社が買収・出社した会社への出向になります。
基本的に、日本人は1人から数人が出向します。
事業会社への出向と同じく、「なんでも屋」として、自分で仕事を探し、日々の業務を行います。日本人がほとんどいないことと、出向先従業員に「外部から来たやつ」と評価される結果、孤独感を感じます。
また、仕事を見つけても従業員がほとんど動いてくれないため、最初の時期は、毎日暇な日々を過ごします。人によっては、最後まで活躍できず、暇な時期を過ごして帰任する方もいます。
これらにより、極度のストレス状況に陥ることが多い業務です。
精神的に一番きつい出向先と言われています。

 

【仕事内容】

経営企画(なんでも屋)

基本的に、なんでも屋という形で放り込まれることが多いです。自分で課題を見つけたり、もし前任者がいればその仕事を引き継ぐ形で業務を進めていきます

 

グローバル営業拠点への出向

ポイント:比較的海外売上が小さく、グローバル統括会社を設立する必要がない企業の出向先です。グローバル統括会社と異なるのは、各事業拠点に対し、直接営業を行う部隊が所属していることです。
そのため、毎月国外出張に飛び回るような駐在員も結構所属しています。

 

【仕事内容】

バックオフィス

人事関連業務、また経理・法務のような仕事を担います。企業によっては、経理がグローバル統括会社にぶら下がっている各事業会社の業績管理を実施しているところもあります。業績管理部隊を除くと、実際に駐在している人数はあまり多くありません。

営業・マーケティング

海外売上が比較的小さい企業では、一番多い駐在先です。日本で企画した商品の立ち上げ、拡販、商品改善案の作成などの商品周りの仕事に加え、実際に書く事業拠点への営業活動も行います。企業によっては、営業系と商品系が別れています。

経営企画

グローバル統括会社にぶら下がっている各事業会社の業績管理や、日本本社とグローバル本社間の様々な調整(ボードメンバーのミーティングや、その資料作成など)、戦略の展開などを担います。一般的にエリートと呼ばれるメンバーはこのポジションに付くことが多いです。

 

グローバル生産拠点への出向

ポイント:中国やタイのようなグローバル生産拠点に出向するパターンと、売上比率が高い地域の現地生産工場に出向するパターンがありますどの拠点でも日本と密にコミュニケーションを取りながら、業務を進めていきます。

 

【仕事内容】

バックオフィス

人事関連業務、また経理・法務のような仕事を担います。日本からの駐在者を管理する人事担当と、工場の経理担当、法務担当が駐在します。

企画

日本で描かれた生産戦略や技術戦略を現地に落とし込む、財務と照らし合わせながら効率的な運用方法の検討、役員や来客者の工場ツアーやプレゼンなどコーディネートが主な業務です。工場全体感を把握しておく必要があり、高い能力が必要な仕事です。

技術・開発

メーカーでは、ある技術が日本より進んでいるなど地域的優位性がある場合に、工場に技術開発拠点を設けることがあります。日本の技術開発部隊からその拠点に出向します。仕事内容は、日本にいた時と大きく変わることはなく、技術・開発を担います。

参考になったでしょうか。

国、地域、出国先によって、業務内容や職場環境は大きく異なります。
皆さんが、それぞれの環境で活躍できることを祈っています。

20代メーカー駐在員の年収については、こちらの記事を御覧ください。

海外駐在員の年収 -メーカー編-

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です