希少価値を高める選択【個人時代の生き方】

こんにちは!ショーンです。

突然ですが、あなたがキャリア相談をしたときに「最終ゴールから逆算して考えろ」とアドバイスを頂いたことはありませんか?

この意味は、「先輩達のキャリアから学び、同じステップを歩み、最終ゴールに辿りつけ」という意味です。

もちろん、この方法は合理的ですし、本当に将来のキャリアの展望がある場合はそれで構いません。
あなたはその先人が稼いだ額の収入を得られる可能性が高くなります。

しかし、これからの個人主義時代において、この方法は希少性という意味で魅力にかけます。

私が勧めるのは、「先人のキャリアのレールを後追いするのではなく、いまあなたがやりたいと思ったことを熱心に取り組むこと」です。

それが、「あなたの希少性を最大化する方法」になります。

そして、様々な媒体を活用して簡単に自分をアピールできる今の時代において、この希少性は将来の金銭的価値になります。

ジョブズは点と点を無理やり結んだ

スティーブ・ジョブズが、2005年の米国スタンフォード大学の祝賀式のスピーチで話した有名な言葉に、

「先を読んで、点と点を繋げることはできない。後から振り返って初めてできる」

というものがあります。
*点=経験

Apple商品には、美しいカリグラフィー(文字を美しくみせる手法)が施されていますが、これを活用できたのは、ジョブズが直感で気になったカリグラフィーの授業に出席していたからです。
もちろん、「自分が作るPCに組み込むため」など、将来の目標から逆算して、そのクラスを取っていたわけではないのです。

結果論的に、Apple商品を作った際に、その美しく文字をみせる手法を活用できただけです。

ここで良かったのは、点の質が高かったことです。

彼は、誰か先人のキャリアプランに伴って、その授業を選択したのではなく、「自分自身の直感でやりたいことを学んだ」ことです。

そして、そこで得たアートの知識とITの知識、また他の経験を、数年後に点と点で無理やり結んだのです。

この点と点はアップル商品ができるまで、キャリア上の一貫性はありませんでした。

キャリアにおいて、先人の後追いをして、同じ選択をしていること=「一貫性がある」といいます。

しかし、一貫性と希少性は、完全に対比しています。

そして、今の個人主義の時代は、各々の希少性がお金に変わる時代です。

様々な先人からのアドバイスは参考程度にして、自分自身が直感で感じたものを熱心に取り組んでください。その結果、あなたの希少性が高まります。

希少性は「あなたの経験・知識を掛け合わせたもの」

個人の希少価値とは、3つの経験の掛け合わせた後に生み出されます。

その経験が、すべて先人のキャリアプランに沿っていた場合、その価値は非常に小さくなります。

例えば、金融×営業×海外の経験は、ほとんど希少性がありませんが、キャリアプランとしては合理的で、先人が稼いだ程度のお金を稼げるでしょう。

一方で、私の友人で自分のしたいことを優先した方がいます。

彼の希少性は、フランス大学×会計×外国人恋愛キラーの掛け算によって算出できます。

この3つの経験を組み合わせながら、インターネットを使い、ブログを書き、自分をアピールした結果、企業から個人的な仕事を頂くこともでき、今では副業だけで月数百万単位でお金を稼いでいます。

これからの個人主義の時代は、自身の希少性を活用することで、今までになかった方法で上手にお金を稼ぐことができます。

人生は100年続く

「LIFE SHIFT(ライフシフト) 100年時代の人生戦略」の本にも記述されていましたが、

平均寿命が伸長しつつあり、年を取っても健康的に過ごせるような時代になってきています。

これが示唆することは、今まで60歳が定年であった常識が覆され、 70歳、80歳まで働く可能性があるということです。

一方、インターネットの発展もあり、市場環境の変化のスピードは早くなっています。この変化により、企業設立から倒産までのスパンが短くなっています。

つまり、「あなたの就労期間が伸び、企業の生存期間が短くなっている」ということです。

先人のキャリアプラン通りに生きて行く方法は、合理的に見えるが、長期的に見ると非常にリスクが高くなっています。

それよりも個人としての価値を向上させる方が、これからの時代には確実に合っています。

最後に

個人の時代はすでにきています。あなたがすべきことは、自分の個人的な価値を高めることです。

その方法はたくさんありますが、誰かのレールを追うのではなく、自分の直感を信じて、希少性を高めてください。

これからの時代は、その希少性があなたの価値になり、そこにお金が集まります。

 

end

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です