未経験/英語力ゼロから海外営業職に転職する方法

こんにちは。ショーンです。

こちらの記事では、

・海外営業ってどんな仕事?

・転職するためにどんなスキルが必要?

・英語力ゼロでも転職できるの?期待値は?

・未経験でも入社できるの?

このような疑問を解決できる記事になっています。

記事の前半では、実際の求人を使いながら、海外営業について説明します。

後半では、英語力、転職事例、転職するためにすべきことを記述しています。

読み終えた後は、海外営業職への転職に1歩近づいていますよ。

海外営業とはどんな仕事か


仕事内容


海外営業とは、海外企業や海外の販売代理店や商社などのパートナーに対して、営業活動する職種です。

▪️実際の求人1

こちらは、DODAに掲載されている「部品メーカー」海外営業職の業務内容です。

・新規拡販・維持受注活動
・見積作成(量産品・試作品)、価格折衝
・生産準備社内手配
・販売計画立案(月次・年次)
・顧客クレーム対応
・社内外プロジェクト参画

このような仕事を行います。

顧客がグローバルになり、英語を使うようになりますが、それ以外は国内営業職とほとんどやっていることは変わりません。

▪️実際の求人2

別の例を見てみましょう。

こちらは「医療メーカー」海外営業職の業務内容です。

▪️海外営業関連
・海外営業、受注、販売活動とその関連実務
・グローバルプロモーション活動企画
・海外の学会や展示会、当社独自の販売イベントの企画立案・実行
・海外現地法人の経営管理・支援活動

▪️海外営業企画関連
・グローバル事業戦略に基づく地域戦略、海外市場調査、企画立案・推進、グローバル拠点構築など

この求人の海外営業職は、従来の海外営業に加え、マーケティングや企画よりの仕事も担当することになります。

これら2つの求人を簡単にまとめると、具体的な仕事内容は、

・新規顧客/パートナーの開拓
・既存顧客との商談
・ビジネスパートナーの管理
・市場調査
・イベント対応
・販売マーケティング
・商材の物流管理
・価格交渉
・クレーム対応
・契約関連

になります。

2種類の求人を見てもわかるように、海外営業の責任範囲は、働く企業によって大きく異なります。

純粋に営業だけを担当する場合もあれば、マーケティングや管理の仕事まで含まれる場合もあります。

また海外出張が多い場合もあれば、国内を中心として仕事をする場合もあります。

実際の求人を見て、どの仕事が含まれるのか確認することが重要になります。


主な業界


グローバルでビジネスを行っている企業のほとんどは、海外営業部隊を持っていると考えてください。

その中でも特に海外営業職が多い業界は、

各種メーカー(自動車、部品、機械、半導体、化学、鉄鋼、精密、食品、医療、AVなど)、総合商社、専門商社、IT

になります。

これらの業界が積極的に転職者を募集していると考えてください。


年収


担当職の場合は、400-850万円の求人がほとんどです。

もちろん超一流企業になれば、1,000万円を超える求人もでてきます。

また駐在中の海外営業であれば、担当職でも1,000万から1,500万円貰えることもあります。

管理職になると、上述から+100万円~400万円を目安に増加してます。

転職に必要なスキル/経験

結論から言うと、下記のスキル/経験が必要になります。

▪️未経験募集の海外営業職に応募する場合
コミュニケーション能力、プロジェクトマネジメント力、営業職もしくは営業職に近い職種の経験

▪️経験者募集の海外営業職に応募する場合
海外営業の経験、貿易等の深い知識、契約関連の知識、クレーム対応の経験、英語力

早速、実際の求人を2つほど見ていきましょう。

▪️実際の求人1

こちらは、dodaから抜粋した「部品メーカー」の求人です。

*dodaへの登録はこちらから

部品メーカーの求人

<歓迎するスキル・経験>*いずれも必須ではありません。の項目を1つずつ見ていくと、

・営業、事業企画、調達・購買、生産管理などの経験
→非常に幅が広く、関連業務に携わっていた方であれば採用される可能性がある。

・プロジェクトマネジメントの経験
→プロジェクトマネジメントのストーリーは非常に作りやすく、上述の営業、事業企画、調達・購買、生産管理経験がなくても、求人に引っかかる可能性がある。

・英語(TOEIC 600点以上)
→こちらのみ歓迎条件という位置付け。点数が未達でも、他の要素で内定を貰える。内定後に英語を努力することを伝える必要はあり。

このように、採用の入り口を広くしており、必要なスキルはあまり定義されていないのが実情です。

面接で能力がありそうと評価されれば、未経験でも採用される求人です。

別の求人を見てみましょう。

▪️実際の求人2

医療メーカーの求人

こちらの求人の場合は、応募要件が「海外営業の経験」「貿易実務に関する知識」とあります。

つまり、経験者のみを募集している求人です。

このような求人は、比較的即戦力を求めており、未経験の方は面接までたどりつけないです。

もう一度まとめると、

海外営業に必要なスキル/経験は、求人ごとに異なります。

未経験募集の海外営業職の求人
コミュニケーション能力、プロジェクトマネジメント力、営業職もしくは営業職に近い職種の経験

経験者募集の海外営業職の求人
海外営業の経験、貿易等の深い知識、契約関連の知識、クレーム対応の経験、英語力

になります。

英語力ゼロで転職できるのか

一言で表現すると、

英語ができなくても、ポテンシャル採用される可能性はあります。しかし、英語力が高い方が採用されやすい。

こちらが本音になります。

やはり、英語能力は採用に直結します。高い方が採用されやすいことは間違いないです。

実際の求人を見ても、TOEIC 600程度を最低ラインに設定している求人が多いです。

またTOEIC800を最低ラインに設定している求人の方が、年収のオファー額が高いです。

とはいえ、英語力が無くてもポテンシャル採用される可能性もあります。

その場合は、英語力のマイナスを別の能力、スキル、経験でカバーする必要があります。

加えて、もし入社できた場合、熱心に英語を勉強する姿勢を見せ、実際に勉強をしなければなりません。

 

未経験から転職できるのか

海外営業に転職できる人は、営業経験者はもちろん、未経験者でもポテンシャル枠で採用されることがあります。

ポテンシャル枠の場合は、比較的若い方(20-35歳)が転職しやすい傾向があります。


経験者採用


▪️海外営業経験者

こちらについては伝える必要がないかもしれませんが、A社の海外営業の方が、B社の海外営業に転職する事例は結構あります。

このケースは、転職によって給与が50-100万増加する場合も多くあります。

転職可能な年齢:20-50歳

▪️国内営業経験者

国内営業を経験している人は、海外営業職に採用されやすいです。

業務内容が大きく異なることは無く、顧客が海外になり、コミュニケーションに英語が必要になる程度の変化です。

このような人は、Toeic600を最低ラインとして獲得していれば、給与UPも含めた転職を目指すことができます。

転職しやすい年齢:20-40歳


ポテンシャル採用


年齢が比較的若い20-35歳あたりの方であれば、ポテンシャル採用を狙えます。

数年前までは、30歳限界説がありました。

しかし、近年の「転職市場の流動化」「グローバル化の拡大」「グローバル人材不足」により、ポテンシャル採用→育成という企業が増加しています。

そのため「未経験」「英語力」ゼロの状態でも、採用されるケースが増えているのが実態です。

▪️関連業務経験者

マーケティング業務、物流関連業務、営業サポート、営業企画等、関連業務を経験している場合は、採用される可能性が高まります。

未経験可能の求人はもちろんチャンスがありますし、営業経験者募集という記載があった場合でも、転職エージェントと話すと、求人に応募させてもらえることもあります。

転職しやすい年齢:20-35歳

▪️ポテンシャル採用

・完全未経験で関連業務の経験もない人

・英語力がほぼゼロに等しい人

このような方にさえ、ポテンシャル枠で採用される可能性はあります。

もちろん、これらのマイナス要素を、面接でカバーしなければなりません。

転職しやすい年齢:20-35歳

 

未経験/英語力ゼロの方が転職するために準備すべきこと

転職するために準備することは大きく3つです。

・転職サイトに登録する

・面接でアピールできる成果を出す

・英語を勉強する

では、一つずつ見ていきます。


転職サイトに登録する


転職サイトに登録する理由は、「実際の求人を見て、必要なスキルを把握する」ためです。

自分が目指すポジションの応募要件、求める人物像、必要な経験を知らずに活動するのは、時間の無駄になってしまいます。

海外営業職といってもいろんな種類の求人があります。

未経験社NGの求人もありますし、TOEIC800以上のような求人もあります。

まずは、業界軸を決めつつ、未経験でも採用される海外営業職の求人を探しましょう。

そして、その求人や類似求人から内定を勝ち取るためには、どのようなスキルが必要か把握して、準備しましょう。

おすすめの転職サイト

doda:業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

ネオキャリア: 20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


面接でアピールできる成果を出す


面接で自分の成果を説明できるように、現業を頑張りましょう。

採用前の書類でも、採用面接でも、どのような成果を上げたのか?について問われます。

面接官は、

・その成果に再現性はあるのか?

・当社でも、同じように成果を上げれるのか?

このような視点からあなたを評価します。

ここで高い評価を得ることが、転職へ近づく第一歩になりますので、現業で成果を1つ2つ上げれるよう努力しましょう。


英語を勉強する


英語力がなくても、ポテンシャル採用される可能性はあります。

しかし、英語力が高い人の方が、応募できる求人の数も多いです。

また、TOEICの必要スコアが高い求人の方が、年収も高くなっている相関性もあります。

たくさんの求人の中から好きな求人を選べるように、また年収を50-100万以上上げるためにも、最低限の英語力を身につけておきましょう。

 

関連記事

返信を残す